50歳の退職

50歳を迎える数か月前、退職を決意したのは…

ただ、次の仕事も決めず、なんの計画もなく退職届を提出することになったのは、

顔面に違和感を感じはじめ、不眠、悪夢にうなされ金縛りからの大声などの症状が出始めて、

メンタルクリニックに通っていたのです。

まさに限界っていう感じですよね。

その日の朝、急に閃いて、退職を伝えたわけです。

ほどなく申し送りなどを終えて、最後の出勤日にはここにいろいろなお別れをして

有給休暇に入りましてた。

もちろんこんなになるまで働いたので、有給と公休は、使わせてもらいました。

権利なので、休暇は、2ヶ月弱ですね。

自然の豊かな実家に帰り、心のケアをしつつとおもって帰ったら、

家事と看病がまっていた。

母の入院やら退院やら通院やらをして安定してきたので、

7月末に自分宅に帰りまして、

8月15日無事に退職ができました。

退職後は、離職票が来ない、離脱証明がでないなどで、雇用保険手続きの遅れなどがありますが、

特定理由離職者になれたので、

自分を振り返りつつ、これからのことを考えていこうかと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました